気を付けて!妊娠初期に流産しないための秘訣

更新日:

気を付けて!妊娠初期の流産。

妊娠を知ったその時から、あなたは母親になるのです。

しっかり、体のケアをすることが大事です。

かといって、慎重になりすぎるのもだめ。

一番初めに考えたいのは心理面、栄養面です。

きつい時もある

あなたが初めての妊娠なら、これから何が起こるか想像つきませんよね。

ひどいつわりが続いてぐったりすることも。

でも、元気を出して、生活していくんです。

母親が元気ないと、赤ちゃんも元気なし。

妊娠中はまさに一心同体ですから。

あなたの感情は赤ちゃんへも影響します。

きつい時も、明るく、前向きになることを考えるようにしましょう。

たまには、ストレス発散。

家に閉じこもらず、散歩。散歩はとても重要です。

あなたにも赤ちゃんにも。

出来る限り、明るく前向きな考え、適度な運動、規則正しい生活をしてください。

スポンサーリンク

食べる人、食欲減退する人

あなたは、どっちですか?

つわりの時は、食べ物、ほんと大変ですよね。

がんばって、食べてください。

問題は、つわりが終わってから。

赤ちゃんのためとはいえ、食べ過ぎはだめです。

ほんと、太りすぎは赤ちゃんにも、出産にも影響します。

さらに、産後の体形にも。

しっかり食べて、しっかり運動するのが一番です。

あなたは葉酸を知ってますか

あなたは、女性の体にとても必要な「葉酸」をご存知ですか?

「葉酸」は、DNAの成分である「核酸」が作られるときに働き、細胞の再生を助ける成分だそうです。

お腹の中で、赤ちゃんが成長する時に必須!

成長している時に、必要な葉酸が不足すると、

  • 貧血
  • 胎盤早期剥離
  • 流産

などの危険な状態になります。

この危険から回避するために、厚生労働省が葉酸摂取を推奨しています。

産婦人科でも、葉酸を摂取するように勧められるようになりました。

しかし、葉酸の摂取は難しい

葉酸は、水や熱に弱いので、摂取するのが非常に難しいそうです。

このため、産婦人科でも、サプリメントをすすめるそうです。

まとめ

あなたも、妊娠中・妊活中の女性に必要不可欠な栄養素であることはもちろん、アンチエイジングの要であるスムーズな「血流」を作るのにも不可欠な葉酸を摂取するように心がけてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの参考になれば幸いです。

 

-女性が気になる話題

Copyright© とげとげ情報局 , 2019 All Rights Reserved.