ナルトの技や世界観を継承した漫画を見つけた!

更新日:

ナルトの技や世界観を継承した漫画を見つけた

週刊少年ジャンプに15年間連載された「ナルト」が、2014年11月24日50号で完結しました。

自分の道を信じて突き進むナルト、復讐にとらわれたサスケ

最後は、サスケの心を見捨てず救い出したナルト、そして、第7班がもとどおり。

2014年の映画「The LAST」もみました。

六道仙人の弟の行く末、外道魔像の本来のありか、白眼の秘密、そして、ヒナタのシンデレラストリー

鈍感ナルトがヒナタを大切に思う心。

なかなかおもしろい映画でした。

さてそんなナルトですが、

今日、子供が買ってきた漫画単行本を読んだところびっくり!

スポンサーリンク

ブリーチの涅隊長がうちは禁術のイザナミ発動

「イザナミ」というのはうちはイタチが発動させた技である。

イタチが自分をもたないカブトに、「イザナミ」発動。

あるアクションを開始として、ある一定時間のできごとを繰り返し、経験する技。

ブリーチ66巻では、

涅隊長が、相手の術でゾンビ化した日番谷隊長に薬を。

すると、一定時間内の行動を繰り返している。

私は思わず、イタチの「イザナミ」だ~!

でも、技の解除方法は全然違って、さすが涅隊長、えぐかった。

青のエクソシストでは、人柱力計画が

人柱力は、漫画「ナルト」構成での中心的な役割がある。

尾獣を封印された人を人柱力というのだが。

青の祓魔師(エクソシスト)14巻では、まさしく、妖狐を封印する話である。

封印力のある一族を悪者一味が科学を使って、妖狐封印!さあ、どうなる?

思わず、「ナルトかっ」と。

まとめ

いやあ、まさか、今日読んだ漫画2冊、「ナルト」の世界観や技に遭遇しようとは。(笑)

でも、こんな話はよくあるんですけどね。

遭遇率が高いのは、たくさん、漫画ばっかり読んでいる証拠。

古くは、初期のドラゴンボール。

孫悟空が、敵アジトへ。塔になっており、各階の敵を倒していくストーリー。

これ、ブルース・リーの最後の映画「死亡遊戯」のストーリーと同じ

PS.ナルトの今後

「ナルト」は2015年映画で新しいストーリーが。

サスケがナルトとヒナタの息子ボルトと旅をする?みたいな

 

最後読んで頂きありがとうございます。

 

イタチのイザナミ発動

ブリーチ66巻

青の祓魔師(エクソシスト)14巻

 

 

 

-私の雑学

Copyright© とげとげ情報局 , 2019 All Rights Reserved.