肌が弱い!髭剃り跡が赤い、痛々しいあなたへ朗報です。

更新日:

肌が弱いのが悩み!髭剃り跡が赤い、痛々しいあなたへ

肌が弱い方の悩みで、多いのが、痛々しい髭剃り跡。

顔ですからね、なんか、肌が汚く見えて、まわりの反応もイマイチ。

大体、肌が弱そうな方は、色白ですよね。

色白で、髭剃り跡が赤いと、見てて、痛ましいというか。

お昼位にちょっとひげが伸びてくると、顔の肌が青白い、カミソリ負けの赤色、ひげの黒が入り混じって、顔色が大変なことに。

正直、引いちゃいますよね。

スポンサーリンク

色白の顔を健康的にするには

やっぱり、日焼けが一番。

顔が少し黒くなると、肌の弱さが目立たなくなりますから。

でも、私なんか、夏場一日外にいて、日焼けしても、顔が赤くなるだけで、翌日にはもとの白い肌に戻るんですよね。

色白の方は、1年中、外にいる時間を長くして、肌を徐々に紫外線に慣らせば、少し色黒になると思うんです。

日焼けの欠点が、若い時はいいんですが、40代以降できついです。日焼けすると、紫外線で肌がボロボロになるのが困るんです。

肌がカサカサになったら、もっと悲惨なことに

髭剃りはカミソリを使いたい

これ、ちょっと、意外なんですが、肌の弱い方は、電気カミソリでなく、刃のカミソリを使いたい方が多いんです。

電気カミソリはシェービングクリームが使えなかったり、電気カミソリで剃っている時に振動が肌によくなかったり。

でも、刃のカミソリだと、剃っている時にちょっと失敗したり、肌の調子が悪いと、剃り跡が赤くなって。結局いつまでたっても悩みが解消されないんですよね。

 髭剃り跡の悩みを解消する方法

いつも、探しているのは、肌にやさしい商品です。

シェービングクリームだったり、肌にやさしく、深ぞりできるカミソリだったり。

髭剃り後のアフタークリームだったり。

結局、髭剃りを考えた商品では、肌が弱い方を考慮されてないんです。

だから、いまだに髭剃り跡の悩みは解消されません。

いっそ、脱毛してみる

髭剃りをするんじゃなくて、思い切って脱毛するとどうなるんでしょうね。

考えると、髭剃りの行為自体、弱い肌に刃をあてるので、肌がますます敏感になり、赤くなったり。

だったら、てっとり早く、脱毛すれば、髭剃りをしなくてすむので、赤くなったりしません。

お昼以降、髭が伸びてくるなんてこともありません。

痛々しい肌にならず、いつも見た目スッキリで、まわりからも評判も上々、なんてことに。

脱毛のいいところは、何回か脱毛していると、髭が生えてこないので、脱毛する時間も必要なくなります。

痛々しい、赤い髭剃り跡の悩みを解消されますよね。

なにより、見た目、健康な肌になるのが一番です。

どうやって、脱毛するの?

肝心の脱毛方法ですが、ビューティークリニックに行くのが一番いいと思います。

施術費用が高価、時間制約されるのが難点ですが。

また、地方に住んでいる方は、なかなか近くにないのが問題。

以前に比べれば少なくなりましたけど、男性だとやっぱりビューティークリニックは恥ずかしい方も。

でも、自宅で簡単に脱毛できる商品です。

脱毛器は女性用のイメージですが、男性でも問題なく使えます。

自宅でできるメリットは、忙しいあなたの時間制約や地方在住のデメリットもありませんし、値段もクリニックに比べれば断然安くなってます。

でも、脱毛処理をした後は、アフタークリームで肌の手入れは必要です。注意してください。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

あなたの悩みが改善されれば幸いです。

 

 

-私の雑学

Copyright© とげとげ情報局 , 2019 All Rights Reserved.