女性の薄毛・抜け毛を自己判断できる三つの方法教えます。

更新日:

女性の薄毛・抜け毛を自己判断できる三つの方法

近頃、女性は薄毛、抜け毛に悩んでいる方が急増しています。

ネットの悩み相談の投稿数も、年々増えてます。

原因の多くはストレス、シャンプー・トリートメントの洗い残しによる頭皮へのダメージ、無理なダイエット、女性特有のホルモンバランス異常などが一般的に言われていますね。

過剰反応している方もちらほら

それでは、今回のテーマである薄毛・抜け毛の自己判断できる方法を説明します。

薄毛・抜け毛の自己判断方法

1.髪を束ねた量で判断

ロングヘアの方限定です。

髪を束ねて、直径が19mm未満の方は、薄毛進行中ではないかと思われます。

19mmの根拠はアメリカのサイト「http://www.womenshealthmag.com/beauty/how-to-make-your-hair-thicker」を参考にしました。

 2.分け目で判断

髪に分け目をいれた時、一直線にならず、枝分かれしたら、抜け毛を疑うことです。

分け目を見た時、線の感じではなく、面を見ているようだと抜け毛・薄毛進行ですね。

3.弾力で判断

洗髪後、髪をしっかり乾燥したあとに確認してください

手のひらで、頭頂部をやさしくおさえた時、弾力感がなく、ペタッと頭につくような感じだと薄毛進行中かもです。

 

以上三つの方法を説明しました。気になる方は一度、試してくださいね。

スポンサーリンク

薄毛・抜け毛対策

ストレス回避

ストレスに関しては助言できますが、あなたの判断しだいです。

ストレス環境から立ち去るか、それとも、自分に強く、神経質にならず、時に怠惰に考えることでストレスを軽減する。

シャンプー・トリートメントの洗い残し対策

女性は洗い残しが多いのも事実。

理由はネイル、爪が長いことで、髪はきれいに洗えるが、頭皮を満足に洗えない、流せないため、頭皮のダメージが蓄積される。

洗い流す時もシャワーをかけるだけでなく、しっかり、指でマッサージしながら、洗い流すことが重要です。

あと、刺激の強い市販のシャンプーはおすすめできません。自然派シャンプーがおすすめです。

女性ホルモンのバランス崩れ

婦人科を受診して、ホルモン注入などで体を癒すことも必要です。

自分でできることは、大豆などのイソフラボンを多くとるとか、命の母ホワイト、命の母Aなどのサプリメントの飲むのもおすすめです。

髪の見た目対策

髪がペタンとして元気がないように見えているなら、部分ウィッグなどで、髪のボリューム感を出せますよ。

薄毛、抜け毛進行への早期対策

シャンプー、トリートメントをかえることと同時に、育毛剤を使うことです。

進行中であれば、頭皮のダメージを減らし、毛根を元気に、血流促進することはベストな方法です。

シャンプーやトリートメントではできません。

専用ツールである育毛剤でないと、頭皮を活性化できません。

女性は、育毛剤を使うのを恥ずかしいと思う方が多いらしいですが、べつに人前で使う必要もないですし、無臭の育毛剤もたくさんありますので、使用することをおすすめします。

抜け毛専門クリニック受診

あなたが、薄毛・抜け毛進行に不安なら、女性の薄毛専門のクリニックで相談するのもいいことだと思います。

一人で悩まず、専門医に話を聞いてもらい、適切な治療を受けることで早く解決することもあります。

 

↓↓↓厚生労働省が「育毛」に効果があると認可した育毛剤はコチラ↓↓↓
女性用

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの悩みに参考になれば幸いです。

-女性が気になる話題

Copyright© とげとげ情報局 , 2019 All Rights Reserved.