無料で最新が使えるMicrosoftOfficeの真実。ここだけの話

更新日:

 

あなたは、Microsoftが2014年10月17日に最新Officeを発売したのを知ってますか

無料で最新が使えるMicrosoftOfficeの真実

新しいOffice製品は、常に最新バージョンが使えるというふれこみで、今後バージョンアップには費用がかからない。

と、そんなおいしい話ではありません。

しっかり、理解しないと、あなたは損するどころか、Officeを使えなくなるかもしれません。

勉強しましょう

今回発売されたOfficeは大きく分けて2製品

  1. OfficePremium プレインストールパソコン
  2. Office365Solo

1.OfficePremium プレインストールパソコン

今後新しいパソコン購入時にインストールされているOfficeは基本的に「Office Premium(オフィスプレミアム)」になるはずです。

でも、気をつけてください。まだ、今後発売予定のパソコンでも「Office2013」かもしれません。

「Office Premium」か「Office2013」は購入時に十分注意してください。

パソコンプレインストールの「OfficePremium」は、今後、パソコンが壊れるまでは、無料で常に最新バージョンのOfficeが使えます。

今回の最大の目玉も無料で最新バージョンが使えるという話題はここだけです。

次から、お話する内容はすべてお金がかかりますので、注意してください。

スポンサーリンク

OfficePremiumには4つの付随機能があります。

  • マルチデバイス(スマートフォンやタブレットでOffice文書が編集可能)
  • OneDrive 1TB使用可(インターネット上で文書を保存、読み込みできるハードディスクです)
  • Skype 月60分間の通話は無料(インターネット電話)
  • Officeのテクニカルサポート

上二つは、会社で作成したExcel文書をOneDriveに保存し、外出先でスマートフォンで修正できる、今流行の機能です。

ちなみにこの4つの機能は、パソコン購入後1年間は無料で使えます。その後は毎年5,800円払って更新する必要があります

但し、4つの機能が不要であれば、パソコン購入時に設定しなければ問題ありません。更新に関しては、クレジットカードの登録が必要になると思いますので、その時は登録しなければ大丈夫なはずです。(すいません、憶測ですが)

OfficePremiumに関する疑問・注意点

購入時、Personal、Professional、Home&Businessを選択する必要があります。

いままでのように、OfficePersonal2013をインストールされたパソコンを購入後、PowerPointを使いたい場合は、単体版を別途購入後、インストールすれば使えましたが、OfficePremiumは現在の情報では単体版がありません。OfficePresonalPremiumのパソコン購入後、PowerPointを使いたい場合、どうすればいいのやら?

2.Office365Solo

Office365Soloが必要な方は、

  • 現在のパソコンに最新バージョン(Office2103以後)のOfficeを使いたい方
  • Officeの入っていないパソコンを買ったが、やっぱり、Officeが必要な方

Office365SoloはOffice製品の全ソフトが使え、先ほどのPremiumで説明した付随の4つの機能も使えます。

ただし、1年限りです。最初購入時に、11,800円を払い、1年経過後、再購入か更新になります

再購入か更新かは費用も含め、現在分かってません。

まあ、はっきりいうと、今使っているパソコンでは、最新のOfficeを使おうと思ったら、毎年金払えということです。

まとめ

今回の製品ライセンスの考え方だと、なかなかバージョンアップしてくれないユーザが多いので、Microsoftとしてはどうやって稼ぐか思案したうえでの対応だと思います。

でも、Officeなんて、正直そんなに最新の機能を使っている人なんて極小数でしょうし、機能レベルで言えば、Office2000で十分だったと私は思いますけど。

それでは、あなたも誤解の無いように今後のOfficeには注意してください。

 

 

 

-IT・スマホ
-

Copyright© とげとげ情報局 , 2019 All Rights Reserved.